猛毒親に育てられて。

殺人未遂事件。

私は楽しい職場で貯金するようになっていた。
と、言うより使う事が出来なかった。

地元の電車の本数が少なかった当時
乗り換え時間を変えると、
下手すれば次まで15分待ち

忙しい時期になれば寄り道すら出来なかった。
気が付けば一人暮らしを始めるには
ちょうどいい具合に貯金が出来ていた

しかし私に「いい運」はない。

また事件がおこった。
ある日の晩だった。

母が祖父のお葬式から帰って直ぐ
母と父が大喧嘩を始めた。

どんどんエスカレートしていき
父は母にリビングにある本を置く頑丈な物で殴り始めた
そんなので殴られたらひとたまりもない。

母は


「殺される!殺される!」

そう叫んでいた。

私は今回ばかりはただ事ではない事がおきたと
親戚の伯母に電話をし、
その後既に結婚していた姉にも電話をした。

姉は直ぐに家に駆けつけ、
泣き叫ぶ母を自宅に連れ帰った。

翌日、母のきょうだい全員我が家に集結した。
母のきょうだいの一部は私の家から
高速飛ばしても6~7時間はかかる。
そんな所に住んでいるのにも関わらず全員揃った。

ある意味羨ましかった。

姉は私がいじめられているのを見て
見ぬふりをしていたのだから。

その姉からは「嫁の身」として肩身が狭いと嘆いていた。

私は2階に上がり、
1階では父対母きょうだいとの話し合いがされていた。

私は幾度となく父から殴られ、
罵声を浴びせられ
耐え難い苦痛を強いられてきた
しかし実父が実母のきょうだいから責められるのは苦痛だった。

いや、責められて当たり前
この時母は肋骨が折れ、ヒビも入っていた
今であれば警察沙汰の問題。

しかし普通に生活していたらこんな経験するだろうか?
実父が実母のきょうだいから責められるなんて。

普通じゃない。
私の家は普通じゃない。


そういう状況、現実が
耐え難い苦痛だったのかもしれない。

その後、私は父と車に乗った。
何処に行ったのかは覚えていない。

私が母の援護をしようとすると
クラッチを踏んで車をガタガタ揺らし


「あの時殺せばよかった」

その言葉だけ繰り返していた。

私は自宅を出る事が出来なくなった。

もしかしたら《殺人者の娘》
《被害者の娘》になるかもしれない。

それを恐れた。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
[PR]
by rin-dream | 2016-12-26 19:29 | Comments(0)
<< 保険金詐欺。 幸せは続かなかった。 >>



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
年末は大忙し。
at 2018-12-09 19:47
少し進み始めた人生。
at 2018-12-02 20:01
元号。
at 2018-11-25 15:11
窓開けないの?
at 2018-11-25 07:16
記念日。
at 2018-11-24 23:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧