人気ブログランキング |

猛毒親に育てられて。

レオの姿がなくなった真実。

私は「葬儀屋の車にレオを抱いて入れた」
そして花も全て入れた。

「花は置いていても…」
と葬儀屋さんに言われた。

遺骨と一緒に飾る為って意味だったのだろうが…
しかし華やかに送り出したかった。

そしてレオとの2ショット写真も一緒に入れた。

お気に入りのおもちゃ2個とも入れた。
「1個は置いてても」と言われたが

「レオが大切にしていたおもちゃ私が持っておくときっと怒ると思うから」
そう言って

おもちゃをピコピコ鳴らせた。

我が家ではおもちゃの事を
「ぴっぴちゃん」と呼んでいた。

「レオぴっぴちゃん聞こえる?」
レオに話しかけた。

私は最期にレオの頭にキスをして
「また会おう」そう言った。

「バイバイ」じゃない「じゃまたあとで」

いつも嫌がるレオを抱っこして
頭にキスした時のように…

その後車のドアは閉められた。

これがどういう事かは意味はわかる。
次にそのドアを開けた時はレオの姿形がないという事。

私はその場に泣き崩れた。

部屋に戻り時間を見ると…
父の誕生日の時間だった。
異常なまでもむかついてきた。

私は大声をあげて泣いた。
子供の頃以来だろう。
声を出して泣くなんて

約1時間後車は戻ってきた。

ある骨を見せられた。
それは来世での姿と言われている骨だった。
一瞬猫に見えた。

私はレオとまたいつか会いたいと思っていた
来世もレオはレオで、犬。

葬儀屋さんは「猫みたいに見えますね」そう言った事に対し
なんとなく反発心があった。

さっき自分でも猫みたいと思ったくせに。

父は葬儀屋さんに言った。
「お茶でも」
そして私を呼んだ。

しかし私はこの時腑抜け状態。
葬儀屋さんとお茶して語らう心の余裕なんてない
部屋に戻りベットに横たわった。

声が聞こえた。
父「場所どの辺りになるのですか?」

葬儀屋さん「〇〇の辺りです」
父「そうですか!私が車を買った近くですね」

なんとも寂しい会話だった。
私は耳を塞ぎまた泣いていた。

その後泣き疲れてぼーっとしていたが
お風呂に入る事にした。

脱衣所で顔を見たら泣きすぎて
試合後のボクサーみたいな顔をしていた。

のちにAちゃんに
「試合後のボクサー」とメールした。
こんなに泣いたのはいつ以来だろう?

翌朝。
異常なまでの家の静けさに驚いた。

こんなに静かだっただろうか?
きっとレオが廊下を走る音(爪の音)
ドアをガリガリひっかく音
吠える鳴き声何も無いとはこんなにも静かなものなのか?

私は仕事が出来る精神状態ではなかった。
まず声を出す事も出来なかった。

しかし家にはいたくなく仕事を選んだ。
普段かけない眼鏡をかけていたため
職場の人から「どうしたの?」と聞かれた

「昨日飲んで顔がむくんでいるからと」
笑ったつもりで答えた。

その日家には帰りたくなかった。
レオのおかえりでチューが無い。
その現実を受け入れたくなかった。

2~3日後テゴマスのらじおで生歌披露があった。
ファンの子から選ばれて1位になった曲を歌う事になっていた。

曲は…夜は星をながめておくれ
余りにも私の心に突き刺さった。
まさしく私の為にレオが歌ってくれているような気がした。

数日後上司から呼ばれた。
「最近元気がないけど何かあった?」

答えると泣く勢いだったので本当の理由は言わなかった。
ただ「人生生きてきた中で1番辛い事があった」と答えた。

私はその後ペットロスになると思っていた。
周囲にもそう言っていた。

しかしレオが亡くなって3日後には
普段と変わりない私がいた。

もしかしたらこのあと来る「本当の現実」の為
レオが「ママの為」にと用意してくれていた。と

今はそう思っている。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2016-12-29 02:20 | レオとの別れ | Comments(0)
<< 寂しがり屋。 ありがとう。 >>



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
子供の頃誕生日って良い記憶が..
at 2019-05-09 01:31
耐えられない…そしてよく耐えた。
at 2019-04-13 19:03
毒巣。
at 2019-04-12 15:09
IQテスト
at 2019-04-12 10:13
知的障害者。
at 2019-04-04 20:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧