猛毒親に育てられて。

猛毒父のカーチェイス。

猛毒父はサイコパスである。
この話しはずっと前からしている。

猛毒父は毒母を半殺しにした後
私とふたりで車に乗った時

私が少しでも毒母の養護をしようものなら
クラッチを踏み車をガタガタ揺らせた。
その時の恐怖についても過去に語っている。

そしてこの車の中が大嫌いな話しも幾度となくしている。
異常に暑い話し。
吐き気がする話し。

そして最大級の恐怖の事件について話そう。

仕事帰りいつものように猛毒父と
スーパーに向かった。

スーパーでおやつの時間をする為だった。
私はこの時間が大嫌いだった。

35歳を過ぎて猛毒父とふたりで
スーパーでおやつとジュースを買い
スーパー内のフードコートでそれを食べる。

私は幼稚園児ではないと何度も心の中で叫んでいたが
無理矢理させられていた。

ある日…
女性が運転する軽自動車が私の視界に入った。

その後猛毒父はアクセルを踏んだ。
そしてスピードをあげる。

一瞬頭の中が真っ白になった。
次の瞬間カーチェイスが始まった。


「あの女許さない」

私は何が起こっているのかわからない。
ただ一般道で80キロを超えるスピードで
カーチェィスが始まった。ことだけはわかった。

その道は片側2車線の緩やかなカーブがある道。
田舎ではあるが一部広い道路がある地区であった。

どんどん加速する車。
私の顔は加速する度恐怖になっていく。

速い。速い。恐い。恐い。
そして…赤信号で標的になった車が止まった。
その後猛毒父の車も止まった。

かと思えば…
猛毒父は車を降りた。

何が始まるのか?
と思っていたら…

その女性の車に行き
車の窓を拳をあげ叩き始めた。

この人の頭は尋常ではないと思った。
何度も何度も車の窓を叩く。

その後青信号にかわり車は動き出した。
猛毒父の車は若干遅れその車を
次に捕らえる事は出来なかった。

そして私に言った。

「あの女馬鹿にしやがって」

どうやら、脇道から出てきたその車の運転手の態度が
気に入らない。
それでキレタ。

それがたまたま女性だった。

もし男性、高級車だったら同じ事をしたのだろうか?
私はしばらく恐怖から立ち上がる事が出来なかった。

街中で態度が気に入らない理由で
カーチェィスを始めた猛毒父

その女性はどれほど恐かっただろうか?
(カーチェィスをするくらい。度胸はあるかもしれないが)

しかし我が家では恐怖の日々。
これが毎日繰り広げられている。

それは今も変わらず。









にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
[PR]
by rin-dream | 2017-03-06 01:55 | Comments(0)
<< 害虫扱いの猛毒父。 進化を遂げる猛毒父。 >>



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
こんにちは。お返事ありが..
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
感じが悪い人間。
at 2018-09-24 12:45
無視。
at 2018-09-21 18:21
見えなかったもの。
at 2018-09-20 18:38
キレイゴト。
at 2018-09-16 11:19
名前を変える。
at 2018-09-16 11:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧