猛毒親に育てられて。

住基支援6 ※引っ越し後のまとめ

この上ない喜び。

それは…
提出用紙には「加害者」の欄がある。

元々DVを受けている女性の為に作られたものである。
それが親から暴力を受けている子供から
その後親から暴力を受けていた子供(現在成人している)

つまり《過去の虐待》まで適用されるようになった。

私は加害者の欄に
堂々とサイコパス型猛毒父と毒母の
名前を連名で書いた。

ウキウキ、そして顔はニタニタ。
本当に本当にうれしかった。

暴力を受けて41年。
あいつらとわかり合える日は二度と来ない
あいつらの事許さない。
と思って4ヵ月が経っていた。

(毒母からお前のことを二度と許さないと言われたし)
(妹の形見を私が壊しただからそうな←記憶はないが)

そして受理され適用されるまで
1ヶ月かかるとの事だったが

既に半年間有効の仮の住基支援を受けている。
何の問題もいらなかった。

私はたまたま暴力を受けた証明書を持っていたが
仮に持っていなくても受理される確率はある。

相談する相手(相談員)によるが
新住所は出来るだけ田舎ではなく都会を選ぶのも
選択肢のひとつと持っていてよいと思う。

都会の方が「逃げて来る人」が多い為
相談される回数も増え、相談員の理解力もある。

腐った住所で
(住基支援が出来ないのにも関わらず)

興味本位で「彼氏は?」「家賃いくら?」など
聞かれたりすると、

それこそセカンド虐待されるのと同じである。

~~~まとめ~~~

★過去に受けた虐待も適応される★
(年齢は問題ゼロ)

①女性支援センターもしくは家庭相談所など
相談所が市役所の中に無い場合もある
又、遠方にある場合もある(腐った住所がそうだった)
その為事前にチェック、相談を予約するとよい。

②相談する際、被害が確実にあったと証明できる物を持って行く
※現在も被害を受けている方は
病院の診断書をもらう、写真に残す、動画撮影、録音するとよい

(写真、動画撮影、録音はスマホで簡単に出来る)

③転入届を提出→相談→相談書類を提出→住基支援受理→実施
※受理から実施まで約1ヶ月かかる
※その為先に話しをした仮住基支援を旧住所で受けておく



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/myf0dm5olktc

[PR]
by rin-dream | 2017-10-22 22:38 | Comments(0)
<< 解毒作業開始 住基支援5 >>



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
年末は大忙し。
at 2018-12-09 19:47
少し進み始めた人生。
at 2018-12-02 20:01
元号。
at 2018-11-25 15:11
窓開けないの?
at 2018-11-25 07:16
記念日。
at 2018-11-24 23:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧