猛毒親に育てられて。

カテゴリ:夢( 9 )

少し進み始めた人生。

少し進み始めた人生。

逃げた直後。
正直寂しかった。

話す相手はいないし。
いつもひとり。
どこか出掛ける度
友達同士でワイワイしている人を
指くわえながら見てた。

地獄にいたから
会社では誰かと話すより
ひとりでいたかった。
ボーっとする時間が欲しかった。

凄い矛盾しているように聞こえると思うけど
それが当時の心境。

LINEも決まってお願いLINEしてくる
“彼女”だけ。
たまに障害者雇用で働いていた
健常者にも(私も健常者ですが)LINEはしていた。

しかし、その健常者へは一方通行で
彼女からLINEが届く事はなかった。

そして秋。
思い切って全ての連絡先を削除した。

当たり前だけど。
誰からも連絡は来ないし
私からも連絡する相手はいない。

たまにtwitterにツイートするも
誰からもイイネ。もコメントもなく。

それが変わりはじめたのは
梅雨に入った頃だった。

それから…気がつくと
毎日誰かとLINE、twitter、
ブログ(ここではありません)で繋がり

休日にはお友達とランチをしたり
楽しむようになってきた。

あれだけ、ジャニ友がいないと悩み続けた
15年余りはなんだったんだろう?
(ある年の年末にジャニ友に裏切られた後)

本当に毒親に私の幸せオーラを全て吸い取られるだけでなく
全てを悪い方向へ連れて行く悪の根源でしかない。

また、これが切れるとひとりになるからと
そこにいるのが嫌なのに
切らずにいた私もバカだったと思う。

無理して付き合うなら
切った方がいい。

“それ”はいつになるかはわからないが
切ればいつか幸せはやってくる。

いや、自ら幸せへ飛び込んでいる事に気がついた。






[PR]
by rin-dream | 2018-12-02 20:01 | | Comments(0)

記念日。

記念日。

今日サイコパスから逃げて
ある初体験をした。

とても普通な事ではあるが…

初めて牛肉というものを買った。
それもステーキ肉。

いつも買う豚肉、鶏肉の何倍もする牛肉。
鶏の胸肉と量など比較すると…
10倍近い金額になる。

ドキドキしながらレジに持って行った。
今日はなんの変哲もない日ではあるが
記念日になった。

牛肉記念日。

[PR]
by rin-dream | 2018-11-24 23:07 | | Comments(0)

ご褒美。

ご褒美。

逃げてから、今まで本当に色々な事がありました。
逃げるのが決まって初めて“城”に
宿泊予定の日にWの災難に見舞われ。
その後逃げた日の夜地獄に落ち、
それをきっかけに彼氏と永遠にさよならをし、
(彼女が不幸のどん底の時に手を貸してくれないのは
彼氏としてどうよ?と別れを決めました)

その後ジャニ友同士の小競り合いがあり
私自身はその小競り合いには加わっていなかったものの
ファン同士の小競り合いに疲れ別れを決意。

生活の為仕事を始めたものの
僅か数ヶ月で部署異動。

漸くなれた人間関係から
また新しく作る必要性が出来

ただでさえ覚えるのが多すぎる仕事量に加え
また異動により更に数十倍に増え。

地獄に落ちた事により
自立神経がボロボロに加えて人間不信になり…

前からあった皮膚炎、顔面硬直、喉の異常他多数に
プラスして難聴。失声症…人間不信。

まだこのブログの中でも明るく振る舞っていたものの
(実際良くなった事も多かったので)
重度の睡眠障害がほぼ良くなったり、
食べられなかった、生姜、トマト、コーヒーが好きになり。
(今は毎日摂取。リコピンとらなきゃね。笑笑)
お酒が飲めなくなり。
今は回復したものの、あの時の異常性はなくなりました。

金、土の夜に度数4%程度の
チューハイ、ビール350リットル缶2本程
これを月に4〜5日程度。

今は性格の悪さはピカイチの55歳のおばさんから
陰湿ないじめに遭っている程度
(十分ストレス感じてますが)

一昨年の12月から、今年1月まで抱えていた
ものに比べると屁でもないかもね
(あれ程嫌がっていた安定剤服用してますが)

そして、な、なんと今年のツアー惨敗。
イベントも惨敗。

55歳のババアからの陰湿ないじめより
こっちの方がかなり精神的に滅入りまして。

半鬱状態でしたが
(自殺願望はありませんよ。もちろん)

そんな私に事あるごとに褒美として
家の近くのケーキ屋さんでケーキを買っていましたが
(安くて美味い!)

この際物をご褒美としてあげようじゃないかと。
奮発してとあるものを購入。
2つ買ったんですがね。
1つ分が割引の為0円以下
(つまりもう1つ分もマイナス価格)で買えまして。

いつか。いつか。
これを見ながら「あの時大変だったよな〜」
と、パートナーとお酒を飲める日が
(高層階にあるバーなんかで。笑笑)
来るといいなと夢見ております。

(因みに現在パートナーはおりません)






[PR]
by rin-dream | 2018-06-17 21:38 | | Comments(0)

涙の引っ越し。

そして家にも電話した

「会社辞めた」

父は電話を切った後直ぐに
部屋を出る準備、引っ越し準備に取り掛かった。

私は夢破れた。

12年前あの時学校に入っていたら
状況は変わっていたかもしれない。

親が憎くて憎くてたまらなくなった。

そして…この時実家に戻った事を今でも後悔している。
あのまま親のいう通りにするのではなく、
自分の意思で残っていれば…
でも今更後悔しても遅い。

私はインターンシップを受けた会社ではなく
別会社を第一希望にしていた。
しかしそこの会社の内情を知って受けるのは辞めた。

その会社に私の学校からは2人受かった。
しかし…2人とも入社僅か1年後会社を辞めた。

悔しさが溢れてきた。


[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:14 | | Comments(0)

裸足のシンデレラボーイ。

そして卒業式をむかえた。

その日、会社から電話があった。
「正式に採用します」
全くうれしくなかった。

翌日会社に行った。
全員に挨拶した。
私にとっては普通に挨拶しているつもりだったが
「あなたの対応は素晴らしい」と褒められた。

初仕事…何をしたかは覚えていない。
ただ出勤後直ぐにオフィスにある
ゴミ箱のゴミ集めからした。
12歳年下ではあるが僅か数ヶ月の先輩
彼女からゴミ集めから教わった。

もう私のキャパシティを超えていた。
仕事の最後に【テープ】について
男性先輩から教わった。
これは【〇〇テープ】
これは【××テープ】
手で触ってみた。目でも見た。
しかし理解出来ない。

翌日は休みだった。
この日会社の近くまで行かなくてはいけない用事があった。
「通帳を作って欲しい」そう言われたからだ。

しかしもうベッドからは出る事が出来なくなっていた。

カーテンも閉じたまま。
私の部屋は2つ窓があった。

1階だったにも関わらず日当たり良好で
朝早くから夕方遅くまで
陽が部屋の中に入っていた。
この部屋を選んだ理由のひとつがそれだった。

私は会社に電話した。
適当に理由を作って辞める話しをした。

その年、その会社は私が通っていた
専門学校には求人を出さなかったと聞いた。

私が入った前年(入ったといえども1日限り)
同じ専門学校卒の女性ができちゃった結婚をした。
それも理由のひとつとは言われたが…
後輩には申し訳ない思いでいっぱいだった。



[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:13 | | Comments(0)

着たかった袴。

卒業式を間近に控え袴を借りる事にした。
私の中では夢だった。

はじめ可愛いピンクなどを見ていた。が、
店員さんからこちらの方がお似合いですよと言われた。

草色の袴だった。
それはそれで渋くていいかもしれないが

まだ夢見る乙女ちゃんである。
悲しい現実はここにもあった。

その後パーティ用ドレスも買った。
しかし、この時はもうどの店のドレスも
入らない程太っていた。
軽く20キロ以上は太った。

昔(僅か1年前)の面影はそこにはなかった。
しかし探して探して…見つけた。


[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:12 | | Comments(0)

バイト探しという現実。

次のバイトは…
もうここまできたら情けない。
そうしか言えない。

コールセンターだった。
私は何をしに東京に来たのだ?
夢を追う為ではないのか?

バイトの面接にあけくれて
挙句の果てにはコールセンターでバイト。

電話。無茶苦茶嫌がっていたのでは?
トイレでも対応していた。

風邪ひいて咳を我慢しながら苦しい思いをしてまで出てた。
それをまた東京でするの?

しかしそれが現実だった。


[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:11 | | Comments(0)

なんとかなるさ。

バイト探しにあけくれていた。
次に見つけたのはクリーニング店だった。
どこでもよかった。

適当に受け、適当に採用されたが…
実はここ家から歩いて軽く40分以上
もかかる遠い場所にあった。

もう場所さえ意識していなかったが…
通わなければならない。
しかしもう心身ともに疲れ果てていた。

この頃私は
【裸足のシンデレラボーイ】
【なんとかなるさ】
【真冬のナガレボシ】
この3曲をエンドレスで聴いていた。

この曲を聴くと今でも
あの日見た夜空を思い出す。
澄み切った冷たい夜。
実家と違い星が見えない東京の夜空。
月だけが輝いていた。

でも【なんとかなる】そう思って…

今では笑い話しだがつい最近まで
【なんとかなるさ】は6人の曲と思っていた。

エンドレスで聴いていたはずなのに…

私はこの頃初のNEWSのコンサートに参加した。
NEWSに興味はなかった。
ただなんとなく…

このバイト先ではトリマー
になりたいという子がいた。
近所に住む専門学校生だった。
ノートを友達と交換し合いながら勉強していた。
彼女はトリマーになれたのだろうか?

数日後から出勤拒否し…クビになった。

[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:05 | | Comments(0)

流しそうめん。

インターンシップが始まった。
私はあえて第一希望の会社をやめ、
別の会社にした。

理由は会社の規模。
第一希望は規模が大きい。
全員夢を叶えられる環境ではない。

入社1年後には配置転換があると聞いた。
最悪の場合ほされてしまう。

それだったら…
小さい会社でもいい。
現場で仕事をしたかった。

インターンシップ初日、
学校では屋上で流しそうめん大会をしていた。
私は参加したい。そう思っていた。

前日雨の中流しそうめんセットを
近くの小学校まで借りに行って
急な階段上って7階(屋上の扉の前)
まで運んだのは私なんだもの。
しかし叶わなかった。

でもこの会社では色々経験した。
約1ヶ月弱の間で10日間程会社に行った
ささいな事でも楽しかった。

夢に近づいている。
ただそれだけで毎日が楽しかった。


[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 00:00 | | Comments(0)



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
年末は大忙し。
at 2018-12-09 19:47
少し進み始めた人生。
at 2018-12-02 20:01
元号。
at 2018-11-25 15:11
窓開けないの?
at 2018-11-25 07:16
記念日。
at 2018-11-24 23:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧