猛毒親に育てられて。

カテゴリ:キチガイ( 6 )

ピンチハンガーの謎。下着干し方の謎。

ピンチハンガーの謎。

さて、皆さんちにはピンチハンガーありますよね?
私は過去ひとり暮らしをした時に
100均で買いましたが
その後洗濯物の重みで簡単に壊れ
近くのスーパーで買い直しました。
その後強制送還される迄壊れることはなく
また、強制送還後毒母が
それを奪いとった記憶があります。
(私が持っていても仕方がないですし)

逃げた後ニ○リでピンチハンガーを買いました。
高いやつでは無く、
ひとり暮らしでは十分な大きさの安い方を。

既に逃げて1年経ちますが壊れていません。

謎です。
毒ババアは1ヶ月も経たないうち
ピンチの部分を壊します。
40ピンチだとしたら
1ヶ月後には38ピンチになっているような。(笑)

さて、どういう使い方をすれば壊れますか?
謎です。

ピンチハンガーといえば。
一般的に下着はピンチハンガーに
タオルなどで隠して干しますよね?

しかし毒ババアは違います。
物干し竿にそのまま通して干します。
(足、腰の穴が開いたところから通して干すの)

だからザ、下着干してますアピール!

だから毒ババアは
「お前の下着は派手だから干すの恥ずかしい」

謎です。
本当に謎です。

[PR]
by rin-dream | 2018-07-09 12:05 | キチガイ | Comments(0)

マインドコントロール。

いつの頃か?父に言われた言葉がある
「お前は一生薬を飲まないと生きていけないんだ」
余りにも普通に言われたので驚いた。

誰のせいでこうなったんだ!
私の中で怒りがこみ上げてきた。

この人の頭の中には
【娘の病気を治す】
という当たり前にあるはずの概念は無いのだろう。

【一生病気と付き合う】
そう思っている。
だからだろう。

両親から【結婚】の話しをされた事がない。
【病気を持っている】イコール【結婚できない】
そう思っている。

しかし現実はそうではない。
心の病を持った人も
障害を持っている人も結婚している人は大勢いる。

それからなんとか家を出たい。
そう思うようになったが…
30代に入って私がした仕事といえば…
①その日暮らしの仕事。
②あの施設。

給料は月1万3千円~
上がって最高額でも7万円くらい。

そして現在。
普通の会社で働いている。
しかしでもとてもじゃないが
1人暮らしすることは出来ない給料だ。

もちろん貯金なんてなかった。
父親がしたかった

【雁字搦めの生活】

私はその罠にまんまとひっかかった。
母がそうであったように。

母は殺されそうになった後
いくらでも離婚しようと思えば出来た。
もし裁判になっても100%勝っている。

子供はもう成人している。
しかし母は離婚を選ばなかった。


それは【旦那がいないと生活出来ない】

そうマインドコントロールされていた。

そこには愛情なんてものは無い。
現実に両親一緒の寝室…
覚えがない。

一緒に食事。
鍋以外の日はほとんどみかけない。
だいたい父が【友人】からもらった
(と言ってるか真実は知らない)
小さな低い棚をテーブルにして
小さな椅子に腰かけて
キッチンで食事をしている。

姉が言った言葉がある。
「私は母みたいになりたくない」

「自立して生きたい」
「養ってほしくない」
「だから子供が成長すれば自立したい」
(離婚という意味ではない)

私の一人暮らし願望は日に日に強くなっていった。

しかし一生懸命部屋探ししても
現実は【お金】
お金が無いと生活出来ない。

しかし、もう心の余裕はない。
借金背負ってでも自立する道を選ぶか?
このまま壊れていく自分をみるしかないのか?

私は自立を選んだ。
パソコンと格闘する毎日が始まった。
この頃にはブログの作成も同時進行だ。

ブログの作成はかなりの時間を要した。
未だ完成出来てない。
もうブログ開設から1ヶ月が経とうとしていた。

実はここ以外に別ブログを立ち上げている
そちらは下書きとした
何故なら…そちらは作成するのが面倒だった。
(そちらは完成済)
そして本編としてこのブログを立ち上げた。
内容はほとんど変わってはいない。

しかし言葉を変えたり。
(感情的になりすぎている為)
新たな話しを思い出せばここで付け加えたりしている。

今は全てここで話している。
どうしてもタイムラグはあるが
少しだけでも現在進行形の話しは
タイムラグを無くそうと思っている。

理由は…【証拠】を残す為
と言えばいいだろうか?

あの日言われた言葉。
【顔を足で蹴った覚えは無い】
【妄想癖がある】

蹴られた証拠はゼロだ。
当たり前だが…

しかしここで思い出した事を
話すことで【妄想】ではなく
【真実】と変えていきたい。

これは現在職場でも実行中だ。
今まで私の記憶力の良さはAちゃんしか知らない。
しかし職場でも記憶力の良さを覚えてもらう為に
色々と昔話し、現在の話しを
私の【作戦】とわからないように話してある。
何か(私が崩壊した場合)あった時の為の

【保障】




[PR]
by rin-dream | 2017-01-15 00:20 | キチガイ | Comments(0)

ツバの飲み込み方。

もうこの頃になると
身体の変化は異常なまでも出てきた。

そこにはもちろん加齢も重なっているかもしれない
しかしまだ40歳。
【加齢】という単語は使いたくはなかった。

①生理不順
②異常な体感。
(寒さがわからない)
③異常なまでもの身体の痒み
(皮膚科には1年で3回行った)
④お腹の異常なはり
⑤④と重なるが、おならの回数が異常だ。
(ご飯を食べた(飲み物を飲んだだけ)で止まらない)
そして…
⑥ツバを飲み込めない。

皆さん普段ツバを飲み込む時意識していますか?
日常生活いちいちツバを飲み込んでいるのを
意識して暮らす事はかなりの体力を使う。
仕方がないのでお風呂の時は出していた。
しかしそれ以外ではいつも…飲み込んでいた。

もう身体は悲鳴をあげていた。
眠れないからはじまって…
ツバを飲み込む
それ自体意識しないと出来ないのである。

仕事中誰かに声かけられた時
もし口の中でツバが溜まっている状態だったら?
もちろん声は出せない。

心も悲鳴をあげ、身体ももう限界にきていた。
そんな矢先に起きた出来事である。

家に帰ると…
お盆がテーブルに置いてあった。

私は夏以降親とほとんど口もきかず、
そして食事は100%一緒にしていない。
自室でご飯を食べている。
その為にお盆を買った。

普段は棚と棚の間に立てかけてある。
それが…テーブルの上にあった。
まぎれもなく両親。もしくはどちらかのひとりが
私の部屋に入り、
そしてその証拠を残した。

こんな尋常ではない状況下で
【部屋に入ったよ】
アピールは普通はしないであろう。
しかし…ないはずのモノがそこにあった。

また力が抜けた。
どこまで私を追い詰めば気が済むのか?

とにかく家を出よう!出たい!
その気持ちでいっぱいだったが
もう身体は限界にきている

毎日パソコンと戦い、
首は痛い。
身体を起こすのも辛い。
そんな日々の中で
ひとりで戦っていた。

これが私の運命。







[PR]
by rin-dream | 2017-01-15 00:00 | キチガイ | Comments(0)

インチキ精神科の実態と裏切り。

この後病院から転院する為に
届いていた診断書を読んだが理解出来なかった。

ー診断名ー
《情緒不安定性人格障害》

情緒不安定性人格障害とは…

人格に安定を欠いている為に
対人関係をうまくコントロール出来ない
という状態に悩まされる。

簡単に説明すると

同じ相手なのにある時までは
普通に親しみを持って接していたのに
突然それが豹変していきなり攻撃的な態度を取ったり
またさらに豹変して
今度は温かい態度で接するようになったり
不安定さがつきまとってしまう。

とネットに書いてあった。

頭の中は謎だらけ。
そんな経験は一度もない。

子供の頃の私の性格は
喧嘩をしても翌朝には忘れていた。

これが情緒不安定性人格障害?

イライラしていても
寝たら忘れる。
こんな人はごまんといるのでは?

《〇〇病院(精神科)にて短期入院等を繰り返した》
私はこの病院の名前を知らなかった。

私はその病院のHPを見てみた。
写真が数枚載っていたが見た事は無い。

私は〇〇病院(総合病院)には
短期入院を繰り返した経験はある。

私はその精神科の病院に短期入院をしたとされる頃の
ブログ、スケジュール帳を読み返した。

何時からバイトの文字もある。
今日は寒い、暑い。詳しい程書いているが…

〇〇病院(精神科)の名はなかった。
〇〇病院入院(総合病院)はあった。

入院中は点滴をずっとされていた。
その時点滴を付けている
手の《カーゼ》を妙な程覚えている。が…
それは総合病院。

実際に今年4月もその病院に行った。
その際点滴した腕の写真を撮ったが
その《ガーゼ》と全く同じ。

偶然精神科と総合病院は同じガーゼを使っていたのか?
偶然にしては話が良すぎないか?

《昔両親から虐待を受けた》
の文字以降は両親が私から受けた
《被害》を刻銘に刻まれている。

逆を言えば私の《気持ち》は
この一文しか書かれていない。

《今から死ぬと脅しの電話があった》
→親はその時にどう対処した?
→対処方法は書かれていない

《両親から入院させたいとの申し出があった》
→何を基準に入院?
→スリッパ投げたら強制入院させたいと考えた理由はここだった。
(私には理解不能。不可解な親の行動)
→因みに仕事はしている。

《食事や薬の服用を拒否した》
→食事を拒否したのではなく
→お腹はすいたが食べる気がおきなかった。
→この場合「拒否」ではなく「食欲が落ちた」

《薬の服用を拒否した》
→私は薬を飲まないと眠れない。
→日常生活も送れなくなる。
→嫌々服用している
(薬を飲まないと眠れない生活を15年送ったら嫌々の意味がわかる)
→過去2度拒否したが、薬が無くなり仕方がなく病院に行った
→薬を親の前で服用して「今飲んだよ」と確認させた事はない
→それをどう拒否したと説明出来る?

《私が母親に暴力を振るった》
《親が「警察呼ぶよ」と言ったらピタッと止まった》
→私はその後近くの警察署に直接電話をしている。
(110番ではない)
→「警察」という言葉で動じるなら、警察署に直接電話しない。

《〇月〇日父親に8針縫う暴力を振るった》
→父は既に78歳。
→元々皮膚が弱い。
→少しひっかいただけで血が出る。
→少しぶつけただけで痣が出来る。
→この次の日の話し

《〇〇年〇月頃から抑うつ気分、不眠が生じた》
→中途覚醒するようになり病院に行った
→抑うつ気分はこの時生じてない

《通院一時中断するもその後再開》
→この一時中断とは?
→中断したくても出来ない現実がある(先にも話した)
→通院を中断する事は不可能(先にも話した)

《疲れやすく、一般就労は自信がない》
→自信がないとは一度も言った事は無い
→アルバイト経験しかない
→10年以上事務職から離れている。
→仕事(事務職)を見つけるには難しい
…とは語っている。が…

《趣味・娯楽への関心、文化的社会的活動への参加》
《援助があればできる》
→ここまでインチキ書かれたら笑うしか出来ない。
→誰の助けもなくヲタ活を楽しんでいる
→金銭的余裕があれば遠征もしている。

そして一番ショッキングな言葉が書いてあった。
《軽度の知的障害がある》
…言葉を失った。

勉強は得意ではなかった。
むしろ苦手だった。
好きな科目や専門学校ではがむしゃらに勉強した。

しかし…英語、数学、国語(特に漢字)は大の苦手だった。
漢字は読む事は出来るが書く事が苦手な
典型的漢字苦手日本人パターン。

英語、数学はともかく、
漢字が苦手になると生きてはいけるが
社会人として恥ずかしい。
今思うとしっかり勉強していればと思う。

では偏差値が低い高校、短大、大学卒業者、
またはほとんど入試があってないような専門学校卒業者、
全員が軽度知的障害者なのだろうか?

破り捨てたくなるような
親にとって都合がいいように書いてある診断書。

私は親だけでなく
先日までかかっていた医師にまで裏切られた。

①睡眠薬を処方している
(発病後既に15年は経つだろうが未だ治らない)
②お腹の張りがある。
(薬も処方している)
③「家を出たい」毎回その話しをしている。

これについては一切触れていない。
これは私の診断書のはず?

何故か?親が受けた《被害》は刻銘に書いているが
私の病気の症状は書いていない
書いている内容は全くのデタラメ。

正直この精神科の病院名を発表したい。
この病院には行くな
この病院に行くと病は治るどころか悪化する。

早くブログを完成させたい。
このままでは本当に両親の思い通りに事は進んでしまう。
(病院まで手玉に取った)

私はパソコンのキーボードを叩き始めた。




[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 03:05 | キチガイ | Comments(0)

史上最低のクリスマス。

私の家は普通ではない。

その現実を受け入れるには
余りにも時間がかかり過ぎた。

いや、既に受け入れていた。
しかしここまでキチガイとは思っていなかった。

私は29歳の夜自宅にいて
親の行動により身の危険を感じて110番通報をした。
そんな経験普通では出来ないだろう。

その後自分の思うようにならない娘に腹を立て、
私を家庭内暴力する娘に仕立て上げ110番通報された。

私は自宅の自室で制服を着た警察官と話しをする。
これまた、そんな経験普通はするだろうか?

普通に生活していなければ
おそらく1度も経験しない事を何度も経験した。

想像してほしい。
もし自分が私と同じ立場だったら…

クリスマスを数日後に控えていた。
街はクリスマスムードいっぱい。
街はイルミネーションでキラキラしていた。

しかし私の心はそのキラキラとは真逆。
死に方を考え、死に場所を探していた。
心の中はブラックだった。

ただブログだけは書き上げたかった。

毎日キレたくなるような事が家ではおきていた。
しかしまた警官が来て、
無理矢理精神科に強制入院されては元も子もない。

親は鼻で笑っていただろう。

警察官を呼んだ。
娘はギャフンと言った。
オレは勝った。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村font>
[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 03:00 | キチガイ | Comments(0)

友人を無くした日。

私はたまに運がある時がある。
運がある時は自分でもびっくりするくらい
懸賞やらが当たったり…
神席が当たったり…

この頃は懸賞モノに当たりまくっていた。
そして…とんでもないモノを当ててしまった。

それは…
高級ホテル宿泊券。
庶民には手が届かない宿泊券だった。

自分でも応募をした事すら忘れていた。
しかし懸賞モノはそんな時に当たるモノである。

私はAちゃんを誘った。が…
「子供がいるからゴメン」
私は友達が…いなかった。

何人か誘ったが断わられた。
そして、ある人を誘った。
その人は子供も既に大学生。
「子供がいるからゴメン」はないだろう。
そう思って連絡を入れた。

その人から返事がきた。
「父が亡くなったのゴメン」

私は意外な言葉をその人に送った。

「せっかくなのに残念」

何がせっかくなのだ?
親が亡くなって悲しみに暮れているその人に向かって
「せっかく」と言った。

宿泊券は別の知り合いと一緒に使った。
私は実はその人が嫌いだった。
一度言い争いになった事がある。

その人はある宗教の信者だった。
私は別にそれはそれでなんとも思ってない。

しかしその余りにも崇拝ぶりを
見せられた時、
私はイラッときて…言い争いになった。

私の周囲には当時結構色々な宗教に
入っていた人が多かった。

私が苦しんでいるのを見て
【ここを信じると救われる】
そう声を掛けられるのは幾度となくあった。

ある人は数100万もかけてお祈り旅行に出かけたくらいだ。
その人は結婚し、子供もいた。
パートナーはその宗教の信者では無かったらしいが
その人に理解のある人だった。

声を掛けられ一度はついて行ったが
その後断ったらそれでおしまいだった。

しかしその人は違った。
「私は皆間違っているから正そうとしているだけ」

宗教に崇拝しきっているのは
一般的日本人であれば「恐い」と思う瞬間かもしれない。

日本人は一般的に
生まれたら神社にお参り、
お正月には気に入った、神社、お寺に参拝。
結婚式は大半の方が礼拝堂で神父さんを呼んで挙式。
そして最期はお坊さんを呼んでお葬式。

私は寝る前その人がお祈りでも始めるんではないか?
と思ってビクビクしていたが
普通に…寝た。

その後私は「せっかく」と言った人に
なんて馬鹿な言葉を言ったのだろうとふと思い
お詫びのメールを入れた。

しかし…メールは無情にも戻ってきた。
その人の携帯から私のメールアドレスは消されていた。

当然である。
親が亡くなったのに
「大変」「お悔み」の言葉もない。

「せっかく」と言ったのだ
なんて無神経な…

私はキチガイに育てられ
キチガイに育っていった。
ただそれだけの事である。

まず、嫌いな人と「高級ホテル宿泊券」
を使うだなんて…悲しい私の運命である。
親友(自分の全てをさらけだせる人)はAちゃんだけだが…

友人と呼べる人もいない。
しかしこれが現実。



[PR]
by rin-dream | 2016-12-29 01:33 | キチガイ | Comments(0)



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
こんにちは。お返事ありが..
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
解毒が終わる時
at 2018-10-21 21:42
夫婦って?
at 2018-10-19 20:35
ゆめ。
at 2018-10-19 18:26
貴女のブス姿見られていますよ。
at 2018-10-19 08:17
モラハラ夫。
at 2018-10-18 12:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧