猛毒親に育てられて。

<   2018年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

とびきりの運命に心からありがとう。

ようこそ日本へ〜🎵

SMAPのDEARなんとかって曲です(笑)
昔、SMAP嫌いだったし
それに、この曲発売された頃
鬱状態のどまん中にいた私。

当時この曲大嫌いでした。
ああ、東京いるんだ。
ここにレオはいない。
そう思うだけで鬱がひどくなる一方。

この曲を聴くと当時住んでいた近くにあった
100均の事をよく思い出します。

そーいやスーパーの入り口近くに
TUB○KIって赤いシャンプーが
並べられていたことも思い出します。
(TUB○KIのCM曲)

確か、以前このブログでも話ていたと思いますけどね。

今日たまたまスーパーにいるとこの曲が流れてきました。
つい口ずさんじゃいました。
今は笑顔で聴けます。
好きな曲になりましたよ。

ほーんっと。毒親から逃げると
人生変わると言うより
人間変わります。

嫌いだったものが好きになり
また好きだったものが嫌いになる。

リアルフェイスもこの頃発売されたんだっけ?
(カツンのデビュー曲)

曲を聴くと痴呆のジジババも昔を思い出すそうです。

↑ジジババって失礼じゃないか?って?
そうですね。

しかし、もうすぐ80歳手前まできたサイコパスを思い出すので、
正直ジジババが嫌いです。
たまに似た背格好の人を見つけると
吐いてしまうこともありますし

たまに電車で隣に座られたら…降ります。
一度なかなか止まらない急行に乗った時
隣に座られた時死にそうになりました。

本当にサイコパス、毒母を
死ぬ程嫌っています。
と、いうより心身が受け付ける事が出来ないんです。

昔、とある毒父に育てられた有名人もこう言っていたそうです。
「彼の顔を見るだけで、声を聞くだけで吐いてしまう」

私も全く同じ症状になります。
「嫌い」という次元を遥かに超えてしまって
身体が受け付けないんですよね。

親の事を身体が受け付ける事が出来ない子供。
普通の親育ちの人には一生かかっても理解出来ないだろうな。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-27 23:34 | 解毒 | Comments(0)

モラハラ夫との離婚裁判

離婚裁判。

とある人気のブログを読んでいた。
モラハラ夫から子供と逃げたブログ。

それを読みながらいいな〜。と。
夫であれば離婚さえすれば他人である。

離婚にいくまでが大変だ。とか
調停まで持ち込んでいる人がは
精神的に辛いとか。

私にとっては「ふ〜ん」
でも離婚すれば他人よね?
何かあればストーカーとして
守ってもらえるご身分だよね?

私は法律的にも他人には一生なれないの。
一生逃げていくしかないの。
(奴らが死ぬまで)
(死んでも他人にはなれないの)
警察も守ってくれないの。

警察はサイコパスの味方に3度なったので
こちらから頭を下げるのは絶対にありえない。

いいよねー。
羨ましいよねー。

とブログを読んでいた。

モラハラ夫だか、なんだか知らないけど
そんな男を見抜けなかった自分が悪い。
結局は夫は自分が選んだ人。

親は自分では選べないんだよ!
最低、最悪、極悪非道な親だろうと、
子供は親を選べないし、
一生、親と縁を切る訳にいかないんだよ!
(望んでも日本の法律で不可能)

知っている方もいると思うが
大きな事件を起こした犯人の子供が
親に対して生前に相続放棄する。
これが子供が出来る精一杯の“縁を切る方法”

本当。日本人に生まれてこなきゃ良かった。
アメリカなら、子供を留守番させただけ。
車の中に1分放置しただけで
親権剥奪される事だってあるのに。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-21 13:10 | 虐待 | Comments(0)

夢の実現。

夢の実現。

大きな夢、
小さな夢、
ひとつずつ叶えています。

今から丁度一年前の今日
私はホテルから見える夜景を写真に撮りました。

それをSNSにあげました。
「この景色をずっと見ていたい。」と。

とてもよく覚えています。
とてもキレイな夜景が見えました。
500ml缶チューハイ片手に
ずっとその景色を眺めていました。

もちろんキレイな夜景だったから
そう呟きました。
しかし、意味はそれだけではなく
「この東京の景色をずっと見ていたい」

つまり逃げる事に成功しますように
という私の祈りでもありました。

しかし、不思議なものです。
美味しいと思いながらチビチビ飲んだそのチューハイ、
今はもう飲めません。

今の私にはもうイヤな事をお酒を飲んで忘れる
という必要がなくなりました。

と、いうより飲めなくなったのですが。

今日、同じ景色を見に行きました。
もちろん、ホテルに泊まる訳にはいかないので
外から似たようなその景色を見ました。

去年見た景色とはまた別格でした。
「見ようと思えばいつでも見れる景色」

また明日には私が涙しながら見た景色を
笑顔で見に行くつもりです。

少しずつ、少しずつ、
毒親から受けた毒の解毒をしています。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-15 18:45 | 虐待 | Comments(0)

毒親から逃げた後の心境。

毒親から逃げた後の心境。

最初の1ヶ月間程は逃げる事が出来た喜びと
追いかけてくる恐怖の中にいた。

酷い時は1週間のうち4回は
毒親に追いかけられる夢をみていた。

その後は毒親にこんな事された、あんな事された
私の目に映るこの人たち(ただの通行人)はどうして幸せなんだ!

怒りが大きくなっていった。
と、同時に内容は話してはいないが
私はこの頃地獄に落ちた為
毒親どころではなかった。

毒親との絶縁あるあるで
自分は悪い事をしていると
自分を責める人が多いと聞くが
私にはそれは全くなかった。

私は何ひとつ間違った事はしていない。
自分の命を危険に晒す人たちから逃げた。
それのどこが悪いんだ?
逆を言えば、悪くない私が逃げ
極悪人のサイコパス、毒母がのうのうと生きているんだ?
というような感情だった。

しかし、地獄にいた為。
正直…自殺願望がMAXの状態だった。
仕事中涙を流したり。
ランチの時にご飯を食べながら泣いた時もあった。
四六時中死に方を考えていた。

1週間元気だったけど
その後3週間は死に方を考える。
そんな日々が続いていた。

そこから這い上がり、
落ち着き始めたのは10月の半ば。
この頃になると
何故私は障害者施設にいたのか?
この苦しみが大きくなる。

とにかく私の仕事はかなり高度な事をしている。
今までの事務とは全く違う。
はっきり言うと知的障害者には無理な仕事だ。

何故私が月給1万3千円で働かなくてはいけなかったのか?
その後一般企業で障害者として働かなくてはいけなかったのか?
あの6年間は何だったのか?

私は出たくて一般企業の面接を受け採用されたのにもかかわらず
サイコパスにより強制的に辞めさせられた。

サイコパス型猛毒父に対する怒りで
毎日苦しめられるようになる。

そして、それと同時に
日々平和な時間を過ごしている自分に気づくようになる

イライラする事がない平和な時間。

この平和な時間と、
それと真逆のサイコパス型猛毒父にされた
普通に仕事をし、普通の生活をする事を
妨げられてきた事による怒り

本来は親と過ごす事により得られる安心感。
親と離れる事により起こるホームシック。

この全く真逆の相反する感情により
私の心は不安定になっていく。

それから年が明けてから
再び毒親から追いかけられる夢を
多くなってはきたが

何もない普通の時間が過ぎていくようになる。
そして、毒親の事を考える時間が
日々少なくなっていく。

ここまで来るのに私は約1年かかった
(春に1年になる)

これからも日に日に時間が
短くなっていくのを願う。

睡眠薬がいらない生活にも少しずつ慣れてきた。
まだ不眠の時もあるが
薬を飲まなくても眠れる喜び。
中途覚醒をしてもまた眠れる喜び。

サイコパス型猛毒父、毒母から逃げたら幸せしかやってこない。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-13 11:29 | 虐待 | Comments(3)

ハウルの動く城

ハウルの動く城

サイコパス型猛毒父、毒母から逃げて数ヶ月経つが
1日中家にいた。
というのはたった1日だけである。

逃げた実感。
ここは東京、ここまでサイコパス、毒親は来ない。
そう自分で納得する為に
毎日どこかへ出かけている
(平日は会社ではあるが)

巣の近くを走っている電車とは違う色
道路標識、電柱、看板の住所は東京。
止まっている車、走っている車の殆どは関東のナンバー

大丈夫。大丈夫。

又、一日中ベッドから起き上がる事が出来なかった巣での休日を
取り戻すかのように色々な所へ
プチ旅行もしている(もちろん日帰り)

しかし、自宅にいる時に聞こえてくる“音”が
巣にいた時に聞こえてきた“音”に似ていて
たまにカーテンを開け
外を確認する時もある。

まるでハウルの動く城の“城”のように
室内は自宅だが
外は巣のような感覚に陥る時がある為だ。

外を眺めて大丈夫。
と安心する時もある。

さて今日ははじめて写真をUPしようと思う。
私が“生きている”と思った瞬間に撮った1枚。

e0365338_22450511.jpg

私はこの空を永遠に眺めていたい。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-07 22:31 | 解毒 | Comments(0)

サイコパスの罠。

サイコパスの願い。

先日テレビを見ていたら…
息子を公開捜索をしていた。

話を聞けば聞くほどその父親はおかしかった。
所謂父親は毒父に見えた

しかし、何故父親から依頼を受け
テレビ局はそんな番組を制作したのか不明。

聞いてこの父親はおかしいと思わなかったのだろうか?
お父さんが心配しているから探してあげようと思ったのだろうか?

現在の私の状況下でもしテレビ局が同じ事をすれば
テレビ局は大変な事になるだろう。

何故ならば、私は市役所で住基支援を受けている。
今年、住基支援の延長手続きが出来ますように。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-04 13:29 | 虐待 | Comments(0)

世界の中心はサイコパスにある

謎すぎるサイコパス型猛毒父

お昼にファミレス特集の番組を見ていた。
それを見ながらふと思ったサイコパス型猛毒について。

サイコパス型猛毒はあるレストランチェーン店には
「プロの調理人が作っているから美味いんだ!」
と言っていた。

しかし、そこにはプロの調理人などいない
殆どが学生アルバイト(夜)
昼は主婦のパートである。

ちなみに私はそこでアルバイトをしていた
(数日間)
その為プロの調理人がいない事は知っていたし、
又それをサイコパスに話をしていたが
聞く耳すら持たなかった。

結局、サイコパスが外食したいと話すと必ずその店になった。
(田舎にある為レストランはあまりない)
(お洒落なレストランはサイコパス曰く変わったモノを出す為行かない)

自分が法律のサイコパスである


[PR]
by rin-dream | 2018-02-04 13:18 | 虐待 | Comments(0)

希望、願い。

希望、願い。

高齢者ドライバーの死亡事故
又は冬の間、高齢者の自宅が火事になって逃げ遅れて死亡
ニュースをよく耳にしますが

単独で死亡事故起こしてくれ
(サイコパスが車ごと電柱に激突、死亡)
(サイコパスが車ごと川に落ち、死亡)など、
他にも、

できれば、巣が火事になり
(延焼なし)
苦しみながら2人とも丸焼け死亡なんて
なんないかな?なんて思う毎日です。

そう。とっとと死んでくれと思う。
ガンで死なないしぶとさ持ってるし
(余命3年が既に13年程)
(生き過ぎやろ!)
と突っ込みたくなりますが…。

ここまで私を苦しめた
奴らを私はやっぱり許す事は出来ない。

[PR]
by rin-dream | 2018-02-02 12:15 | 虐待 | Comments(0)

兄弟間差別。

兄弟間差別。

毒親あるあるだと思いますが。
これ程毒親から虐待を受けてきた私ですが
実は姉と差別されてました。
それも…優遇の方です。

私は毒親から「勉強しろ」とは
ほぼほぼ言われた事はありませんでした。

サイコパスが仕事から帰ると
姉の宿題の相手をしていました。

娘の宿題を見るっていい親じゃんって思うかもしれませんが…
間違えると殴る、蹴る。

それでも間違えると…
「どうしてお前はこんな事もわからないんだ!」
「何度も教えているじゃないか!」
髪をひっぱり床を引きづる有様。

そこまですると子供は問題(勉強の)は頭になくなり
次間違えたら何されるだろう?恐い。
と恐怖心しかなくなる事は…

サイコパスには考えられなかったんだろうな…
頭がキレるようで単細胞。

姉は私が逃げる直前まで
この事を恨み節のように話していました。

私は姉の事は好きでした
(プール事件や、忘れ物事件を除いて)

いつも姉の後ろを歩き、
姉の真似ばかりしていました。

結婚が決まった時は
姉が取られたと義兄を恨んだ程です。

しかし、姉は違っていました。
私は姉の携帯の番号すら
ずっと知りませんでした。

自宅の電話番号、自宅の住所、
メールアドレス、そして自宅の場所さえも
聞いても教えてはくれませんでした。

ここまでくると家族でもなく、
他人だよな。と。

そして現在、妹(私)は行方不明。
(毒親から逃げている為)

家族離散です。

でも思います。
これがサイコパス型猛毒父、毒母が望んだ道だと。

因みに毒母の姪も現在行方不明です。
(私にとっては従妹)
これは先祖に問題ありだな。
とも思います。

親戚にひとり行方不明者がいるだけで普通ではないのに
2人も…。

私にとってはおじいちゃん、おばあちゃんは
いい祖父、祖母でしたが…。
難ありだったんでしょうか?

因みにサイコパス側は
祖父は戦時中に他界。
祖母は毒母から、祖母の悪口を聞いて育った為
嫌いでした
(あの子は○○家の孫ではないなどと言われた!)
と毒母から聞かされていた。

今思うとばあさん(義母)は最低人間。
だからお前はお母さんの味方になってくれるよね?

って意味が込められていたんだろうと思うが…
普通、母親が祖母の悪口を言っているのって
子供は聞きたくないものです。

つくづく毒母は毒母だったんだなと
思う今日この頃。



[PR]
by rin-dream | 2018-02-01 18:47 | 虐待 | Comments(0)



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
こんにちは。お返事ありが..
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
解毒が終わる時
at 2018-10-21 21:42
夫婦って?
at 2018-10-19 20:35
ゆめ。
at 2018-10-19 18:26
貴女のブス姿見られていますよ。
at 2018-10-19 08:17
モラハラ夫。
at 2018-10-18 12:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧