人気ブログランキング |

猛毒親に育てられて。

タグ:サイコパス ( 157 ) タグの人気記事

無知。

無知。

兎に角私は無知でした。
全てにおいて。

お風呂の沸かし方も知らない
(古いから仕方がないのかもしれないが)
火事になるからと教えてはもらえなかった。

指を切ってはいけない
火事になってはいけないと
料理すら教えてもらえなかった。
(天ぷら、唐揚げなんてもっての他)

あえて有難いと思うのは
親の殺し合いの後毒母の入院中
毎年恒例だったからと
梅酒の作り方を教えてもらった事

魚のさばき方を教えてもらったため
魚を3枚に捌ける技術はある。
それはサイコパスが魚が食べたいと言っていたから。

ある意味悲しいよな…

私の部屋に入り私の日記を読む、
私の部屋に置いているものを確認するという
悪趣味な持ち主だった毒母に対して

絶対に部屋に入るなと言っていた。
その為「やってあげて文句を言われたくない」
という理由でベッドのシーツ、枕カバー等も
洗ってもらえなかった。

そのため洗うタイミングを知らなかった。

今だから笑える話だが
ドラマで「布団のシーツを1ヶ月洗っていない」
というセリフを聞いて???となった私。

私は気が向いた時しか洗っていなかったので
半年洗わなくても平気だった。
(ファ○リーズは毎日している)

今では1週間に1度は洗うのが習慣になった。
改めて、昔の私、きたねー!!!
本当に笑い話じゃ済まされない気がする。

無知過ぎるよな…

毒親育ちって普通の事を知らない人、
結構いるんじゃないのかな?

by rin-dream | 2019-06-22 00:35 | 解毒 | Comments(0)

住基支援2

《夢がある嘘》
からはじめよう。

転出届を出す際、
「引っ越し予定住所欄」に新住所を記入する。
ここにでたらめの住所を記入するのである。

これは役所に提出する大事な提出物にはかわりがないので
《嘘》がOKか?
役所の方にひとこえかけておくとよい。

私の場合は《嘘》はOKだった。
その為、過去に住んだ事のある東京の住所にした。

前にも話をしたが私はこれで救われたと。

さて、何で救われたかというと…
本来、誰がどこに引っ越すというのは《個人情報》である。

役所の方はそれを踏まえた上で
これを口外してはいけないという法律も存在する。

しかし、私の場合、障害者担当のバカが
大声で私の住所を叫ぶという行動をとられた。

何度もいうが私は障害者ではないので
本来全く関係のない奴に叫ばれた訳である

「東京都◯◯ー!」
「えー◯◯に引っ越しするのー!」
「何駅になるのー?」という具合に。

テメーが障害者じゃボケッ!
と叫ぶのを堪えたが、
この住所は《嘘》である

しかし、これを毒親または
毒親から聞ける立場にある人がもし聞いていたらと思うと…

ゾッとした。




にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/myf0dm5olktc
by rin-dream | 2017-10-19 13:24 | 編集 | Comments(0)

毒母の口癖じぇんじぇんがない

毒母の口癖。
それは「お金がない」

毎日、毎日「お金がない」とブツブツ文句を言っていた。
たまに「じぇんじぇんがない」と言う時もあった。

多分「お金」と言う言葉を使いたくなかったをだと思う。

ただでさえ貧乏だったのに
サイコパス型猛毒父のプライドの為だけに
毒母はパートに出る事を許されなかったんだから
仕方がないとも思うが

「ああ働きたい」
「ああ働けばよかった」
「掃除婦さえもうない」
60歳過ぎてから言うなよ。

ぶつぶつ言うんな
60歳過ぎりゃそりゃないよ!

◯◯さんはいい服着ている
○○さんは習い事をしている

そんなに金欲しけりゃパート行きたいとサイコパスと
殴り合いのひとつやふたつすればよかったんじゃね?

◯◯さんと自分を比べて人は人じゃなーのか?
私に言う事と自分が言う事も違う。

◯◯さんちの◯◯ちゃんは結婚した。
子供生まれたとか延々聞かされた時もあった。

なら、直接言えよ「あんた早く結婚して子供見せてよ」って
言えねーよな。

私は子供の作り方知らないと本気で信じているし
白鳥麗子で○ざいますってマンガを読んでいたら
「ふしだらな!」って怒鳴って私のこと毛嫌いしたもんな
(このマンガがふしだらなのか今でも不明)

子供を作る行為の前にキスすらもふしだらだから
一生子供つくれねーもんなー

私が人は人と言い返したら
「関係ない」と言い返す。

いつも誰かと比べるくせに
都合が悪くなると「人は人」

暗い話ししかしないから
暗いことしか来ない根暗ばばあ。

そーそー「あんたは根暗だね」と
言ってきた事もあったけど

あんたの方がよっぽど根暗じゃねーか。
楽しい話しが出来ない毒ばばあだな。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

by rin-dream | 2017-09-17 19:22 | 毒母名言集 | Comments(0)

友達ではなく都合がいい人。

とにかく毒親とは自分の都合がいいようにしか
物事を考える事が出来ない。

それは毒親に限ったことではない。

ある時私が放置しているLINEを覗いた。
すると『〇〇ちゃん異動するみたい~』

私が異動???
私の職場は異動なんてものは存在しない。
異動するのは職員(正社員)のみ
私たち(非常勤)には存在しない。

勝手に憶測するのは勝手。
別のLINEグループで
『〇〇引っ越しするのかな?』
なんて言うのは大いに結構。
しかしそれは私がいない所で発言なりして欲しいと思った。

それから数ヶ月後
私はそのLINEから追い出された。
確かに中に入らない
幽霊メンバーがいても仕方がない
私は追い出されてもそれに対して
何も思わなかった。

その後その子から番組を録画して欲しいとお願いLINEが届いた。

はじめはOKを出したが
番組放送1週間前に出来ないと断りのLINEを入れた。

彼女がどうのこうのという前に
その時私は地獄のどん底にいた。
その為番組録画すらできない状態にいた。

それから数ヶ月たった。
この間彼女から何のLINE、連絡はない。

次にきたLINEは…
「~してちょうだい」
またお願いだった。

勝手に異動するなんて言って
LINEグループ追い出して

その後お願いLINEをしたかと思えばまた音沙汰なし。
再びLINEが来たと思えばまたお願いLINEだった。

私は都合がいい人。
「友達」すら思われていないと思い

彼女から完全に去る決意をした。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-09-17 19:17 | 解毒 | Comments(0)

猛毒父の奇怪な言動。

ふと思い出した。

ある日焼肉を食べていた。
(焼肉は滅多に食べない)
(《変わったもの》が嫌いな猛毒父の為)

そして部屋が煙たくなった為
私は窓を開けようとした
その瞬間猛毒父が怒鳴った。

「韓国人に間違われたらどうするんだ!」

謎だから。謎である。

ラーメンを食べていたら中国人に間違われるのだろうか?
パスタを食べていたらイタリア人に間違われるのだろうか?
マック、スタバにいたらアメリカ人に間違われるのだろうか?

毒母のことを
「ベトナム」と呼んだり…

ここまできたらサイコパス型猛毒父はもはや人間ではない。
宇宙人である。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-09-17 19:06 | サイコパス型猛毒父名言集 | Comments(0)

毒親の口癖。

毒親は口癖があった。
常に誰かを自分より下にみないと気に食わない。

「こいつらは馬鹿だ」
が口癖だった。

自分が思っている事、
それ以外の事を思っている人全てが馬鹿らしい。

例えばスーパーに行き
自分が買おうとしている
トイレットペーパー以外のトイレットペーパーを買う人
こんな人も馬鹿らしい。

そんな猛毒父が特に馬鹿にしていたのが
韓国人、朝鮮人、そしてベトナム人、そして部落に住む方。

韓国人、ベトナム人については以前も話しをしたが、
(因みに自分は中国育ちの為中国人は高等な人らしい)
(正確には現中国ではなく旧満州)
今回は部落差別の話しをしよう

他にも全く他人(顔も名前も知らない)
全てにおいて「自分より下の人間」をつくらないと気が済まない。

以前にも話しをしたが…
(マンション住まい)
(新しく家を建てた人)
(駅から家が遠い人)
(駅から家まで坂道)

この人達の悪口もいう。
「こいつらは馬鹿だ」

猛毒父の元実家は坂の上にあった。
猛毒父の元実家は駅からタクシーを使わないといけない
(ど田舎の為バスすらない)
おまけにこの家も駅から徒歩12分程かかり
決して駅から近いとは言えない。

謎だが新築の一戸建てを買う人も馬鹿らしい。
(この家も昔新築の一戸建てで買った)
(だから猛毒父が言っている意味が不明)

謎だから謎である。

我が家と目と鼻の先に
いわゆる部落というところがあった。

まだ小さかった私に
部落とはどういうものかは知らない。

毒親はあそこには行ってはいけない。
野良犬が多いから危ないと言っていた。

その後学校で歴史を勉強した時に
私は初めて部落というものを知った。

その後猛毒父の口癖は
「高級住宅地の〇〇は元部落」だった。
というのだ。

高級住宅地の○○、△△、□□も
元部落で今は新しい人が多く住んでいるので
部落との境がなくなったらしい。

私にとってはどこが部落で
どこが部落ではない。
そんな事関係ない。

というより「○○は部落」と聞いて
「へぇ~。それで?」以外の感情がわかない。

住んだ事もない
行った事もない○○という地域について
「部落」と言われても
「だから?」「何がいいたい?」としか思わない。

それから何年も経ち
去年、私は部落とは?
と少し調べてみた。

やはり私の自宅近くは部落だったらしい。
ネットにも載っていた。

そして…猛毒父が言っていた
高級住宅地の○○などは何度調べても部落と出てこない。

そして…猛毒父の実家を調べてみた。
…見事に部落と呼ばれている所だった。

そして毒母の実家を調べてみた。
…見事に部落と呼ばれていた。

その部落出身の毒親の口癖は
「家を買う時は部落を調べてから買え」
「川の近くに家を建てるな」
「駅から近い所にしろ」

私の自宅と目と鼻の先は部落だった。
(川の近くでもあった)

この人は何が言いたいのか?
部落出身者が部落の隣の地区の土地を買って
川の近くを買って
新築一戸建てを買って

それを後悔しているとでも言いたいのか?
この家を○万円で買った(安く買った)
という事を自慢しているが…

それともここが自分が生まれ育った所から
遠く離れているから
自分たちが部落出身者と
バレていない事にホットしているのか?

「ここ川から近いけど?」と言うと
「近くない」「遠い」と言い返す。

家の前に大きな家が建って
(その前は平屋だった)
見えなくなったが
その以前は家から堤防が見えたけど…

2階の部屋から堤防が見えた距離
が遠いと言えるのか?
こいつは近い、遠いの意味もわからないのか?

毒姉が最初に住んだ所は駅から徒歩20分程のマンション。
(一人暮らし)
(因みに隣のアパートは現旦那が住んでいた)

その後結婚して最初に住んだのは
駅から徒歩15分程の
坂を上った所にあるアパート

その後買ったマンションは
駅近だが坂の上

その後買い替えた自宅は
駅からバス20分程で坂道の途中にある一戸建て。

毒姉についても馬鹿だを繰り返していたことは
いうまでもない。

毒姉についても「馬鹿だ」を繰り返していたが…
「毒姉は○○家に嫁いで○○のもの」
「○○に怒られるからこの話しは毒姉にはしない」
「○○からほっとけ!と言われる」

とよく言っていた。

「ほっとけ!」と言われる。
わかってんじゃん。

「馬鹿だ」なんて言われても
「ほっとけ!」みんな言うよ

けれど謎な言動は止まらない。

そもそもそこに家を買った人(毒姉を含めて)は
自分に何の害も与えない
全くの他人(毒姉以外は)である。

その他人に対して
「こいつらは馬鹿だ」
を繰り返す

謎だから謎である。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

by rin-dream | 2017-09-17 19:04 | サイコパス型猛毒父名言集 | Comments(0)

行動が読めないサイコパス。

そもそも《人間では無い》のでサイコパス。

しかし、41年も一緒に居たら
少しは行動は読めるだろうと思うが…

そこはサイコパス。
理解不能な行動に出た。

それは…ある障害者施設と再びコンタクトを取った。
再び。なので再びであるが。

私は以前話をしていたと思う。
それははじめとある施設に連れて行かれたと。

その施設とまた連絡をしている。
嫌な予感がした。

忘れてしまいたい施設(以前私が居た施設)には連絡出来ない。
最後まで務めさせてもらって仕事も見つけてくれた。
そこに再び連絡するのは恩を仇で返す事。
だから次は別の施設に入れよう。

気分を変えさせてあげたいから

なんだかんだと言って連絡しているのだろう。

私は必死の思いで障害者施設を出
今度は訳のわからないサイコパスからも逃げる寸前まで来た。

あと数日。あと数日。
神様お願い。

サイコパス型猛毒父、毒母から逃げさせてください。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-04-26 17:44 | 生きる~解放まで | Comments(0)

毒親が毒親である事。

私にとって耐え難い苦痛。
それは巣にいること。

荷物をせっせと運び出している私の様子を見て
漸く『捨てられる』と気付き始めた。

自宅に帰ると幾度となく携帯が鳴る。
そして《心配しているのよ》アピール。

巣に戻ると
「○○(私)の家はここだから」
「お母さん心配。出て行く時は住所教えてね」
毒母はそう言う。

「一生許さない」
私を鋭い目で睨みつけたお前がよくいうよ。

本当はこう叫びたかった。
「誰がお前に行き先告げるか、ボケアホマヌケ」

私は職場に置いて行く《お土産》を
買いに行こうと駅に向かった。

毒母が追いかけてきた。
「○○お金がないでしょ?」
「少しだけだけど」

私は振り返る事も出来なかった。
「ぎゃゃゃゃーーーー!」
声にならない声を出し
「追いかけてくるーーーー!!!!」

私は叫びながら走った。
近所の人が見れば不思議な光景だろう。

(多分)お金を持って娘を追いかける母。
叫びながら逃げる娘。

猛毒父も《かわいそうなお父さん》を演じる。
「○○(私)を傷つけたお父さんが悪かった」

「ハイ。その言葉に誤魔化されません」

去年12月そう言った翌日に
スリッパ投げた事件が起きたのだから

最後に毒母が言った
「かわいそうな○○(私)」

はいはい。
私は今幸せです。
きっと自分がかわいそうなお母さんと言いたいんですね。

本音を言いたい気分だがぐっと堪えていた。
本音を言えば、その時は…

病んでいる娘を精神科に強制入院。

サイコパスには最後まで気をつける事にした。
あと数日。あと数日で晴れて
籠の中の鳥からやっと自由に空を羽ばたける。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-04-24 20:50 | 生きる~解放まで | Comments(0)

何かに気づいた毒母。

今日は荷物を《城》に送る日
そう決めていつもより早く巣に戻った
(日が暮れる前)

毒母は妙にご機嫌だ。

「ご飯よ~」
その声さえも弾んでいる。

私は無視をして荷物の整理をした。

その後荷物を送り巣に戻り
リビングに戻ると…

エビフライが用意されていた。
以前話しをしたかと思う。

何かあればエビフライを用意する
低能の毒母。

私は薄ら笑いをし
あと数日後にはてめーらの前から消え幸せになるから

そう思った。

私が幸せになる事を望んでいない
毒親にとってはこの上ない不幸。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-04-20 00:52 | 生きる~解放まで | Comments(0)

ぎゃーーー!!

東京から《行く》夜行バスの中で
夜中に大声を出してしまった。

バスに乗り込んだ時
私の隣は猛毒父と同じ年齢くらいの男性。
斜め前は猛毒父と瓜二つの男性。

とにかく嫌で嫌で
逃げ出したい。
そう思っていた。

その後消灯され
私は浅い眠りに入った。

夜中に目が覚めてしまった。
トイレに向かった。

戻ってくると…
『ドタン!』

隣の男性が私に倒れてきた。
瞬間『ぎゃーーー!!』

私にとって『おじいちゃん』世代は
もはや全員気持ちが悪い存在。

何度も男性は
『ゴメンなさい』
『すみません』
謝ってはきた。

男性はただ立ち上がった時に
バスが揺れ耐えられず
私に倒れてきただけ

しかし…私はその晩
振るえが止まる事は無かった。

猛毒父に襲われた感覚に陥っていた。




にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
by rin-dream | 2017-04-19 09:34 | 生きる~解放まで | Comments(0)



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人様のブログを読んで…
at 2019-07-16 20:15
なんとなく新宿へ
at 2019-07-16 20:11
30代。
at 2019-07-14 20:13
ストレスフリーの生活。
at 2019-07-14 11:16
あれ?あれ?あれ?何かが違う。
at 2019-07-09 23:58
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧