猛毒親に育てられて。

タグ:機能不全家庭 ( 230 ) タグの人気記事

約2年経って。

約2年経って。

2年前の今頃
必死にもがいて苦しんで泣いて。
辛かったな。

そしてこの2年間の心の変化を。

最初に苦しんだのは
追いかけてくる!という恐怖。
1週間のうち4〜5日は
サイコパスが夢に出てきた。

しかし日を追うごとにそれも消えていく。

その次は
どうして私は苦しかったのか?
どうして今は普通に今を送れているのか?

今、「普通」ということと
サイコパスといた「異常」との
余りにも大きな格差で悩み苦しんだ。

何故障害者施設に無理矢理入れられたのか?
今、普通に普通の仕事をこなしているからこその疑問。

そしてそれに対する怒り。

次に襲ってきたのは私はどこからきたのか?
毒巣に住んでいた時に使っていた服やカバン
アクセサリーに至るまで全て廃棄。
新しい物を買う。

全てが新しい人間関係の中で
住んでいる家、会社、そして物。
全てが新しく自分が見えなくなった。

近くのスーパーや、複合施設にいて
ここにいるのが当たり前なのに
ここにいるのが当たり前に感じる違和感。

「先生」からは
女性は長年住んでいる家の
部屋の模様替えしただけでも
心に変化(違和感)を感じたりするもの。

だから慣れる迄は仕方がないと言われていた。

今、何時に起きて、何をして
何時に家を出て電車でどこどこまで行き
駅から会社までの道を歩き…
全てルーティンが出来てきた。

まだまだ苦しい。

でもまだたった2年。
41年苦しんだ2年で治らないのは仕方がないことなんだろう。



by rin-dream | 2019-03-02 22:53 | 虐待 | Comments(0)

人の不幸?

人の不幸?

私が逃げるきっかけとなった事件の
お偉いさんが自殺したとニュースで見た。

そりゃ、あれを許した
てめーの事は一生許さないと思ってた。

自殺というカタチではあるが
ひとつ問題は解決した。

by rin-dream | 2019-02-19 08:21 | 虐待 | Comments(0)

お前はアル中だ!

お前はアル中だ!

スリッパ事件の時に
サイコパスから言われた言葉。
未だに忘れる事ができない。

逃げて直ぐから
アルコール摂取量は急激に落ちた。

350mlのチューハイ、もしくはビールを5本。
週5のペースで飲んでいた。

身体の事を考え2日休肝日を作ってはいたが
本当は飲みたくて飲みたくて仕方がなかった。

それが逃げた途端週1に
350mlのチューハイ、もしくはビールをせいぜい3本。
(平均2本)
丸1ヶ月飲まない事もあった。

一時期イジメにより飲む量は増えたが
350ml缶を3本飲むと寝てしまう程
いつしか飲みたいが飲めない身体になっていた。

笑い話になるが会社の忘年会で飲んだ時
(おばさんはいない)
たったチューハイ3本を飲んで家に帰ったが…

家でも友達にLINEを送っていた事までは覚えていたが…
気づけば寝ていて。おまけに素っ裸。
ルームウェアは普段仕舞わないケースに入っていた。

あの酒豪はなんだったのか?

今夜も飲みたくなった。
この時間まだスーパーも、コンビニも開いている
それ程距離もない(5分程)

気がつけば面倒になり今ベッドにいる。

少しずつ少しずつ
解毒は進んでいる。






by rin-dream | 2019-02-16 23:46 | サイコパス | Comments(0)

心の傷

心の傷

最近風邪をひいたのをキッカケに食欲が落ちた。
たった1週間で4キロ減。
おかしいな。うつにでもなったか?
とあれこれ考えていた。

そしてチラつく雪を見てふと思い出した。
障害者施設に無理矢理入れられもがいていた時
私は仕事を見つけた。
サイコパスに無理矢理辞めさせられそうにもなったが
なんとか働いた。

しかし…客が全く来ない店。
1時間、2時間客が来ないのもザラ。
その時レジの前から見たのが
雪が舞っている空。

そうか…心のどこかでそれを思い出していたのか…
心の傷ってなかなか癒えないもんだな。
と他人事のように感じた。

因みにその会社は1ヶ月程で退職。
「お前はあの場所でしか生きられない」と
障害者施設に強制送還された。

そして…毒親といえば毒母が多いらしく
こと、娘と母の関係を語られる事が多い中で
私の場合はサイコパス型猛毒父だったため
なんだか蚊帳の外に感じていた時

10歳の女の子が父親からの虐待により亡くなった。
父親は会社では“いい人”だったという。
でも今思えば非の打ち所がない程いい人だったと思うと…
なんて語る元職場の方。

サイコパス型猛毒父に似てるな〜
私、よく生きてたな。
よく40年我慢してたな…と改めて感じた。

まだまだ落ち込む事もある。
けれどきっといつか
あー幸せ。と感じる毎日を送れる事を願いたい。



by rin-dream | 2019-02-09 15:54 | 虐待 | Comments(0)

春になればまた手続きにいかなければ。

春になればまた手続きにいかなければ。
例のヤツね。

これをしないと人間として
生きていけないなんて。

10歳の女の子が亡くなって
漸く国が動いた。

虐待根絶を目指す。
無理だし。

頼りの児相も人がいないし
全く使い物にならないし。

私が両手広げて生きていける時…
ヤツらが死ぬまで実現できないだろうな。

私、その時おばあちゃんだよ。
サイコパスはガンだろうが100歳まで生きるね。
笑うに笑えない。

そういえば昔ある大人気映画
(ドラマもあり)

事件は現場でおきているんだ
会議室じゃない。

そのまんまお国に言いたいよ。
今も苦しんでいる子供、
そして“大人になった子供”はいるんだよ

by rin-dream | 2019-02-07 11:45 | 虐待 | Comments(0)

毒親の習性。

毒親の習性。

子供の行動を全て把握する。
これってあるあるなんだな〜と。

ある方のブログを読んでいたら
これ、あったな〜、
これもあったな〜って
激しく同意しながら読んでいました。

友達んところに泊まる(女性)
って時も友達を電話越しに出して
女性じゃないと気が済まない。

一度面倒だからかわらず切ったら
電話攻めにあいましたよ。
電源切ってやったけど。

帰ったら知らない。で逃げてやった。
確か殴り合いの喧嘩になったけど…

旅行に行けば、
今ここにいて、次そこに移動する。
って連絡しなきゃなんないとか。

アホらし…
今ならはっきりそう思う。
サイコパスは車で出かけたら
なかなか帰ってこないくせに。
(携帯持ってないから捕まらない)

ババアはババアで
きっちりお化粧して出かけようとするなら
「男と会うのか?」だから。
なんなのさ。その言い方。
って何度も喧嘩したな。
(最後は私は無視したけど)

「あら、デート?」とか
「彼氏出来たの?会ってみたい」とか
言えなかったのかね?

やっぱサイコパス、毒母だったんだな。





by rin-dream | 2019-01-29 13:04 | 虐待 | Comments(0)

ただいま〜!

ただいま〜!

プチ旅行に出ていました
(プチと言っても泊まりです)

で、地元の電車に乗った瞬間「ホッ」
なんなんだ?この「ホッ」

で自宅のドア開けた瞬間…
「着いた〜」
なんなんだこの「着いた〜」

プチ旅行は楽しかったよ。
そりゃ、無茶苦茶。
でも、「やっぱり家が落ち着くね〜」

42年間生きてきて
はじめて味わった。

by rin-dream | 2019-01-04 18:20 | 虐待 | Comments(0)

あれから2年。

あれから2年。

人生真っ暗で。
外はクリスマスイルミネーションがキレイなのに
私の目には入ってこなくて…

確か2年前の今日くらいに
美容院に行った後普段乗らない電車に乗り
友達(今は全員と縁を切った)と
遊びに行ったっけ。

電車の中でこのブログの下書きブログを書きながら
涙流していたのを
昨日の事のように覚えている。

気がつけばあれから2年経っていた。
長かったような短かったような。

あの時見えなかった未来が見えて。
知らなかった世界が見えて。

今日出掛けた“地元”のショッピングセンターを
案内図も見ずにスタスタ歩いて。

これが当たり前の生活。
日常になっていた。

家でボーっとしている時間も
会社で仕事に打ち込んでいる時間も
友達と過ごしている時間も
全てが日常。

未だにあの“全てがイカレタ生活”がなんだったのか?
私には理解する事が出来ない。

未だに傷は癒えてはいない。
家にいて外で男性の声がするだけで緊張する。

サイコパスなのか?
それともスリッパ事件の時と同じ警察官なのか?と

でも2年経って
生きていて良かったとそう思う。
あの日死ぬ事を選んでいたら
今の幸せを知る事は無かった。

元旦。
私は「生きる」事を選んだ自分
サイコパスを捨ててあげた自分の選択が
正しかったと
朝日を浴びたいと思う。

by rin-dream | 2018-12-23 19:40 | 虐待 | Comments(0)

また???

また???

ジャニ友さんのひとり。
CDが出れば10枚買いは当たり前らしい
(本人が言っているだけで見たことはない)

だいたい3パターン出るので
シングル1枚1000円で計算すると
1回出る度に30000円。

アルバム1枚だと4000円。
こちらも2パターンは出るので。
80000円。

ブルーレイ、DVDは合わせて4パターン
1枚8000円(多少上下する)
観る用、保存用2枚で合計…もはや私の中ではあり得ない金額。

どこかに出かければ
「これ買う」「あれ買う」
トースターで2万とか。
ケトルで2万とか。

確かにオシャレな品。
私は「欲しいな〜」だけど。

メンバーがあれ身につけてる。これ買ったと言えば
「同じもの買った〜!」

ただのひがみですが。
一緒にいる相手では無い気がしてきた。

我が家のトースター、ケトル、桁が1つ少ないし、
そもそも2万もかけるなら
服何着買えるだろう?
1着1000円〜3000円で買ってるし。
全部買い換えれるよ。

CDも3パターンそれぞれ1枚買うだけでやっと。
ブルーレイは初回のみ1枚。
DVD無し。

かと思えば…
お土産がジップロックに入った
手作りお菓子4つ。

けちんなよ。

少し彼女から離れる事にします。
金銭感覚が余りにもかけ離れているし。

彼女と一緒の生活送ったら
1ヶ月で破産するよ。

そういや彼女
「私お金かけるとこにはかけるから
それが嫌味に聞こえるみたいで」
と言っていたな。

嫌味だとは思わないけど。
金銭感覚が余りにも違う子だと。
一緒にいたいとは思わない。

昔もいたんだよ。
あの、裏切りにあった仲間に。

仕事がら、当時20代で毎月のお給料が40万以上って子が。
ボーナスを合わせると…
とてもじゃないが合わせるのは無理。

彼女の相方が「彼女は給料がいいからいいけど」
と愚痴ってたっけ。

一緒にいたくない子は
仕事内容を聞く限り一般的な会社。
結婚していない事を考えると
いい御家柄のお嬢様なんだろうね。

ま、どんな会社に勤めていようが
親がどうだろうが
私には関係ないけど。


by rin-dream | 2018-12-10 11:46 | 解毒 | Comments(0)

年末は大忙し。

年末は大忙し。

気がつけば師走。
去年の今頃は…と一昨年の今頃は…と
つい過去の事ばかり思い出しています。

年末はお友達と遊びに行く予定やらなんやらかんやらで
毎週末家におりません。
嬉しい忙しさです。

このお友達たちはみんなジャニ友なので
私がよく話していた
お土産を会う際には持参します。

少ない予算の中から
どれにしょう?あれにしようか?これにしようか?と。
悩む時間がまた楽しい。

そういや、縁を切った子が
(LIVE前に「久しぶり〜ごめん名前忘れた〜」と言ってきた失礼な子)

昔くれたお土産で
「これ、祐也ぽくで好きなの」
(100均のお菓子でパッケージがピンク)

「でも、香りはいいけど、不味くて」
と言いやがった事思い出しました。

不味いもんお土産にする気か?

私はたとえお金をかけられなくても
自分が貰ったら嬉しいものにしています。

食べた事がないお菓子でも
「美味しそう!」とか。

見た目が4色(メンバーカラー)だからと言って
明らかに着色料ベッタリのお菓子は渡しません。
カル○ィにある外国製のお菓子や
CMでもやっているような
遊びながら食べる子供用向けお菓子。等

切っていい子はやっぱり切ってよかったと思います。

今回はスキンケア系をお土産にしました。
何回か会う子は会う度に違うものにしますが。

よくよく考えるとひとり敏感肌の子がいました。
彼女は同じ金額でスキンケア以外のものに。

100人会えば、100人貰って
嬉しいもの、嬉しくはないものがあり
全員が喜ぶものとはいきませんが。
出来るだけ喜んでもらえるものを選びます。

スキンケア系って肌に合う合わないがあるので
難しいと言えば難しいですが。

食べ物や、鏡と違って
捨てる場合でも
「ごめんね。気持ちだけ有難く受け取っておく」と
ゴミ箱へ。でもさほど気は引けませんし。
有難く貰って帰っても荷物にならないので。

別の子は100均一の手鏡に
メンバーのシールを貼り付けたものをくれた。
みんな「可愛い〜」と言っていたが普段使うのか?

人前で出すものに(家なら普通の鏡あるし)
メンバーの写真がついたものは
アラフォーになればさすがに恥ずかしいし
嬉しくもない。

鏡だけに捨てるのもひける。
考えろよ!と思いますが。

さてさて。
漸く寒くなり冬らしくなってきて。
コートが必要になってきました。

冬服は夏服に比べて高額になり
またアウターは更に高額になります。
その為なかなか買い換える訳にはいけないのですが。

コート、新しいのを買いました。
3年前気に入って即買いしたコート。
これ、一般企業で障害者雇用の時買ったもの。

2年前に買ったコート。
自殺する為上京するから…と買ったコート。
正直去年買い換えたかったが
泣く泣く諦めてました。

しかし、今回、去年のデザインではありますが。
セールをしていたので思い切って買いました。

少しずつ、過去を捨て新しい自分になりたい。

過去なんて物を変えたからと言って
変わらない事くらいは
よくわかってる。
一生忘れられない悪夢だって事も。

でも。この服は…あの時着ていた…って
思い出す。それだけでも無くしたいから。









by rin-dream | 2018-12-09 19:47 | 虐待 | Comments(0)



私の家庭は物心ついた頃には既に機能不全家庭。そこから旅立つまでの長い長い物語。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
いつも丁寧なお返事をあり..
by はまとも at 15:37
はまともさん。 こんに..
by rin-dream at 11:48
のんさん。はじめまして。..
by rin-dream at 02:47
はじめまして。いろいろ読..
by のん at 12:54
> はまともさん こん..
by rin-dream at 12:06
こんにちは。お返事ありが..
by はまとも at 15:19
> はまともさん こん..
by rin-dream at 21:38
こんにちは。ムシムシ暑い..
by はまとも at 13:33
> はまともさん こん..
by rin-dream at 20:48
コメントありがとうござい..
by rin-dream at 12:00
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
卒業シーズン。
at 2019-03-20 18:37
逃げなさい
at 2019-03-13 16:48
上司が出来損ない。
at 2019-03-13 09:42
神様は見ている?
at 2019-03-13 09:36
天罰がくだればいいと思った瞬間。
at 2019-03-13 09:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧